トピックス

June, 2008

各メディアに「日本全国 ケンテイ エンタテイメント サイト「ケンテイ!TV」開設」の記事掲載

各メディアに「【プレスリリース】 日本全国 ケンテイ エンタテイメント サイト「ケンテイ!TV」開設」の記事が掲載されました。

全文を読む »

【プレスリリース】 日本全国 ケンテイ エンタテイメント サイト「ケンテイ!TV」開設

平成20年6月19日

報道関係者各位

慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構

慶應義塾大学DMC機構、廣済堂、電通による地域活性化プログラム
日本全国 ケンテイ エンタテイメント サイト「ケンテイ!TV」開設

慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構(本部:東京都港区、塾長:安西祐一郎、以下DMC機構)、株式会社廣済堂(本社:東京都港区、長代厚生社長、以下廣済堂)および株式会社電通(本社:東京都港区、髙嶋達佳社長、以下電通)は、ITを活用した地域活性化プログラムの開発推進に向け連携し、平成20年6月19日より、日本全国ケンテイエンタテイメントサイト「ケンテイ!TV」を開設、全国ローカルテレビと協力し、ふるさと好き、クイズ好きの知的好奇心豊かな一般ユーザに向けたサービスを開始します。
エンタテイメントサイト「ケンテイ!TV」は、47都道府県すべてのケンテイクイズをゲーム感覚で楽しむことができる全国統一プラットフォームで、クイズ問題数5000問以上を有する規模(*1)となります。地域の放送局、企業、商工会議所、自治体等での取組を後押しし、クイズコンテンツとして個々の住民の声を束ね、地域資源の全国・全世界への発信を継続的に行うことができる仕組みを構築します。なお、検定に関するサイトにテレビ局(10局)が参画することは初めての試みであり、局や番組についてのケンテイクイズも含めて多面的なサービスを提供、今後、参加局を順次増やしていきます。
本プロジェクトにおいては、DMC機構が全体監修とコンサルティングを、電通が企画・プロデュースを、廣済堂がWEBサイトの開発運営および「ご当地検定」情報の提供を担当します。   全文を読む »

【プレスリリース】 ゲーム機・パソコンを利用した自己学習に関する調査結果

平成20年6月17日

報道発表資料

NTTレゾナント株式会社
慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構

【gooリサーチ・慶應義塾大学共同調査】
ゲーム機・パソコンを利用した自己学習に関する調査結果
~ニンテンドーDSを利用して学習をしている人は、約5人に1人~

インターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」(*1)を提供するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)と慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構(東京都港区、塾長:安西 祐一郎、以下DMC機構)は、全国のgooリサーチ登録モニターを対象にeラーニングに関する調査を実施しました。
本調査は、DMC機構が日本イーラーニングコンソシアム(東京都中央区、会長:小松 秀圀、以下eLC(*2))の協力を得て、NTTレゾナントと共同で調査の企画・設計・分析を行ったものです。
今回の調査結果により、近年、個人が基礎学習能力の向上に取り組むようになり、その学習ツールとしてニンテンドーDS(以下DS)など、ゲーム機やパソコンを利用するようになったことがわかります。また、パソコン学習の1つである、インターネット・イントラネットを利用した「eラーニング」については、学習方法の自由度が高いことや、学習レベルの調節、把握ができることなどに関して、肯定的な意見を多数得ていることがわかりました。それに対し、学習意欲が向上する、資格取得に近づくという意見は少数でした。
尚、本調査結果は、2008年7月出版予定のeラーニング白書(日本イーラーニングコンソシアム編 出版社:東京電機大学出版局)に掲載される予定です。
全文を読む »

「第1回 DMC 研究プロジェクト・ショーケース」開催

080613_163942.jpg

デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構の研究プロジェクトの紹介と研究成果の発表を目的に展示会シリーズを開始しました。
シリーズではポスター発表やデモ展示だけでなく、ディスカッションやワークショップ、上映会なども予定されています。
6月13日に開催されたショーケースでは、下記のプロジェクトより発表が行われ、参加された方々の情報共有、研究交流の場となりました。   全文を読む »

「ミュージアム・プロフェッショナルセミナー2008 第1回セミナー」開催

ミュージアム・プロフェッショナルセミナー2008
パブリック・ドメイン収蔵品資料の活用へ向けて
―美術館・博物館収蔵の映像資料のフェア・ユースを考える― 第1回セミナー 

慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構、ミュージアム・コミュニケーション・チャンネルプロジェクトでは、『ミュージアム・プロフェッショナル・セミナー2008』と題し、本年は「パブリック・ドメインとフェア・ユース」をテーマとしたシリーズ・レクチャーとディスカッションの場を計画しています。
第1回の講師は、マサチューセッツ工科大学の宮川繁教授。同大の講義公開プログラムOCW(Open Course Ware)の一環としてオンライン公開されている”Visualizing Cultures”(日本の歴史や文化を多角的に紹介するプログラム)を実現するために、アメリカの美術館はどのように画像を提供し、協力しているのかについて紹介して頂きました。アメリカのオンライン教育が、いかにパブリック・ドメイン資料とフェア・ユースの概念に支えられているのか、また、日本の美術館・博物館の映像コンテンツをオンライン教育プログラムで活用するためにはどのような仕組づくりが必要なのかを、議論しました。

全文を読む »

ワークショップ コレクション 2008 出展者募集

2008年10月12日(日)、13日(月・祝)に慶應義塾大学三田キャンパスにて実施する「ワークショップコレクション2008」について、ワークショップ出展者(個人/団体)を募集します。

▽応募要項(PDFデータ/400KB)
http://www.canvas.ws//wsc2008/pdf/wsc2008_oubo.pdf

▽応募エントリーフォーム
http://www.canvas.ws/wsc2008/entry-form.html

▽応募受付期間:2008年5月1日(木)~5月30日(金)17:00まで

全文を読む »