音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾TOPへ戻る
ホーム
トピックス
DMCについて
所長挨拶
アクセス

HOME > トピックス

トピックス

岡崎乾二郎《回想のヴィトゲンシュタイン》特別上映会

2008年4月7日更新[イベント]

DMC機構 LyKEIOnプロジェクトでは、以下のイヴェントに技術協力しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
特別上映
岡崎乾二郎《回想のヴィトゲンシュタイン》
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

造形作家、岡崎乾二郎の8ミリ映画《回想のヴィトゲンシュタイン》(1988)がデジタル化され、20年ぶりに上映されました。

[上映作品]
《回想のヴィトゲンシュタイン》1988/60min/デジタル版[オリジナル:8mm]
※トークイベントあり(デジタル化についての解説+参考映像の上映)


[慶應義塾大学DMC機構 太田直久教授からのメッセージ]
本上映は、当初は昨年3月に慶應義塾大学にて予定されていましたが、技術的問題が発生したために、延期させていただきました。関係者の皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしました。今回は、問題を解決し、再度上映のご案内をさせていただいております。大変お待たせをいたしましたが、是非ご期待いただきたいと思います。

[開催概要]
■日時:2008年4月4日(金)18:30~ [18:15開場]

■会場:旧四谷第三小学校体育館
〒160-0003 東京都新宿区本塩町2
※会場が体育館のため、履物を脱いでご入場いただきます。ご了承ください。スリッパ等が必要な方は各自ご持参ください。

[アクセス]
四ッ谷駅JR中央線・総武線四ッ谷口、東京メトロ南北線2番出口、丸の内線赤坂口よりそれぞれ徒歩5分(三栄通り沿いの四谷アート・ステュディウム隣が出入口となります。)

地図
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&geocode=&time=&date=&ttype=&am……r&om=1

■入場料:無料(※要予約)

■定員:150名

■主催:近畿大学国際人文科学研究所 四谷アート・ステュディウム
http://artstudium.org/

■技術協力:慶應義塾大学 デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構(DMC)
http://www.dmc.keio.ac.jp/

■プロジェクター提供:日本ビクター株式会社

■予約/問い合わせ先:
近畿大学国際人文科学研究所 四谷アート・ステュディウム
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-5
http://correlative.org/access/index.html
tel. 03-3351-0591(9:30-17:00、日曜・祭日 休)
fax. 03-3353-7300

 

【作家プロフィール】
岡崎乾二郎[おかざき・けんじろう]
1955年東京生まれ。造形作家。1982年パリ・ビエンナーレ招聘以来、数多くの国際展に出品し、2002年にはセゾン現代美術館にて大規模な個展を開催。また、同年「ヴェネツィア・ビエンナーレ第8回建築展」(日本館ディレクター)や、現代舞踊家トリシャ・ブラウンとのコラボレーションなど、つねに先鋭的な芸術活動を展開している。近畿大学国際人文科学研究所教授。主な著書に『ルネサンス経験の条件』(筑摩書房)、『漢字と建築』(共著、INAX出版)、『れろれろくん』(ぱくきょんみとの共著、小学館)、『絵画の準備を!』(松浦寿夫との対談、朝日出版社)、『芸術の設計』(編著、フィルムアート社)などがある。