音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾TOPへ戻る
ホーム
トピックス
DMCについて
所長挨拶
アクセス

HOME > トピックス

トピックス

「ミュージアム・プロフェッショナルセミナー2008 第2回」開催

2008年7月3日更新[イベント]

パブリック・ドメイン収蔵品資料の活用へ向けて
―美術館・博物館収蔵の映像資料のフェア・ユースを考える―

第二回「ネット・コンテンツとパブリックドメインのダイナミックス」

ミュージアム・コミュニケーション・チャンネルプロジェクトでは、『ミュージアム・プロフェッショナル・セミナー2008』と題し、本年は「パブリック・ドメインとフェア・ユース」をテーマとしたシリーズ・レクチャーとディスカッションの場を計画しています。

第二回の講師は、ENOTECH Consulting代表であり、『パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)』著者である海部美知氏。今回は「ネット・コンテンツとパブリックドメインのダイナミックス」というテーマで、アート・マネージメント、ミュージアム情報デザイン研究を専門とする岩渕潤子(慶大DMC機構)がお話を伺いました。  

メトロポリタン美術館やスミソニアン・インスティテューションなど、アメリカを代表するパブリック・ドメイン(公共領域)が擁する某大なコンテンツ。そしてこれらコンテンツに対して、誰もが容易にアクセスできる社会環境(フェア・ユースの概念が支持される風土)。このような風土が個人のクリエイティヴィティにも影響を与え、アメリカの知的産業の競争力に深く関与しているのではないか。今回はこの仮説に立ったうえで、日本のミュージアム・コンテンツのあり方について、その可能性と問題点を検証し、会場の皆様と一緒に議論しました。
  

▽講師: 海部美知 ENOTECH Consulting代表

▽日時: 2008年7月2日(水)午後6時~8時

▽場所: トーキョーワンダーサイト青山 308号室
(渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山SOUTH棟3階)

▽対象: 美術館・博物館、また広くミュージアム関連業務に従事している人、美術館・博物館で働くことを希望している学生。

▽URL:  http://museum.dmc.keio.ac.jp/